低速EVの活用拡大、住民・観光客の新たな足に

【共同】地域住民や観光客の新たな移動手段として、公道を低速で走る電気自動車(EV)の活用が広がっている。ゴルフ場のカートのような小型タイプから10人以上が乗れるバス型まであり、地方自治体による試験運行が活発だ。公共交通の一部として巡回バスに利用している地域もある…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車電機IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台風19号の被害状況は…(10/21)

日本工営、ルアンパバーンをスマート都市に(10/21)

日本が食糧援助3.5億円、被災地の缶詰供与(10/21)

【書籍ランキング】10月3日~10月9日(10/21)

【ASEAN戦略】訪日旅行者の需要取込へ JRホテル、海外初の商談会(10/21)

キナンが建機オペレーターの教育事業(10/21)

【予定】21日 9月の貿易統計ほか(10/21)

映画大国に「単館系」市場を 「天気の子」配給のバカオが挑戦(10/21)

日本の地球観測衛星で契約、初の海外輸出へ(10/21)

豪ガソリン輸入、米国から急増 主要調達先の市価上昇で(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン