• 印刷する

鼎泰豊、台北で世界最大の旗艦店オープンへ

日本人観光客にも人気の「鼎泰豊」が台北旗艦店を年内にオープンさせる計画だ(同社サイトより)

日本人観光客にも人気の「鼎泰豊」が台北旗艦店を年内にオープンさせる計画だ(同社サイトより)

小龍包チェーン「鼎泰豊」を運営する鼎泰豊小吃店は12月初めにも、台北市内で新たに2店を開業する計画だ。このうち1店は大安区信義路の本店のはす向かいに位置し、世界最大規模の旗艦店になるという。併せてマレーシアなど海外での出店も計画しており、年内に世界170店体制を目指す。経済日報などが伝えた。

信義路の新店舗は、424坪の土地に4階建てで設け、客席数は320席の予定。投資額は1億台湾元(約3億5,000万円)を上回るとみられ、鼎泰豊の単一店舗では過去最大規模となる。

鼎泰豊小吃店の楊紀華董事長は、信義路沿いでの2店目出店について「来店者に、より快適かつ安全な食事環境を提供するため」と説明。本店は前身となる油問屋時代の1958年の開業だが、建物の造りが古いことなどによる来店客の不便を考慮し、かねて近隣での新規出店を検討していたという。

台北市内ではこのほか、信義新都心の「A13」エリアで建設中の「大遠百」ブランドの百貨店でも1店を開業する予定。客席数などの詳細は明らかになっていないが、百貨店内の2フロアに入居するもようだ。

鼎泰豊は現在、域内の10店を含め、アジアや欧米、豪州、中東などで計164店を展開。海外では年内にマレーシアやタイ、ドバイでの出店を計画している。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 食品・飲料サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台東県の山間にある小さ…(07/06)

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

居留証所持者、訪台前のPCR検査不要に(07/06)

新型コロナ感染者、449人に(07/06)

半導体投資に補助金、2年で計76億元(07/06)

TSMC、域内での買い付け規模拡大(07/06)

鴻海の印2工場、中印衝突で業務停滞か(07/06)

シャープ、5G対応スマホを台湾で発売(07/06)

ダイナブック年内上場も、シャープ会長が表明(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン