サトウキビの葉を発電燃料に、工業省が推進

タイ工業省のサトウキビ・砂糖委員会事務局(OCSB)は、バイオマス発電所の燃料としてサトウキビの葉の再利用を促す方針だ。これまで焼却処分されていた葉に商業価値を持たせ、焼き畑の撲滅と農家の収入拡大につなげる。17日付クルンテープ・トゥラキットが報じた。 OCSB…

関連国・地域: タイ
関連業種: 食品・飲料農林・水産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:仕事で受け取るタイ人か…(10/24)

9月車販売、14%減の7.6万台 2年9カ月ぶりに2桁落ち込み(10/24)

【アジアを走れ、次世代モビリティー】モータリゼーションめぐる課題解決に向けて(10/24)

2019年9月のタイの新車販売台数(表)(10/24)

【アジアを走れ、次世代モビリティー】日系メーカーの浮沈を握るアジア(10/24)

アウディ、新型乗用車2モデルを発売(10/24)

シンガのスワッグ、電動二輪を来月発売へ(10/24)

運輸相、自家用車・二輪のGPS義務化検討(10/24)

石炭バンプー、中国リチウム電池工場を稼働(10/24)

QTCエナジー、業績回復で3期ぶり復配へ(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン