東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び

東南アジア諸国連合(ASEAN)各国の対米輸出が、米中貿易摩擦の恩恵を受けている。2019年1~7月の輸出総額は、9%増の1,148億8,000万米ドル(約12兆4,000億円)だった。ベトナムの家具、カンボジアやミャンマーの旅行用品、タイのタイヤなど、米国が中国に課した制裁関税の…

関連国・地域: 中国タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン日本ブルネイASEAN米国
関連業種: 繊維農林・水産マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:チェ・ゲバラは医学生時…(04/07)

8割の日系事業に支障 全土封鎖、資金繰りに厳しさ(04/07)

横井定、マスク200万枚増産を計画(04/07)

トヨタ新車販売、3月は15.9%減の10.2万台(04/07)

ニトリが増収増益を予想、21年2月期(04/07)

ホンダ新車販売、3月は50.8%減の6万台(04/07)

19年の半導体材料市場、台湾が首位維持(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン