東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び

東南アジア諸国連合(ASEAN)各国の対米輸出が、米中貿易摩擦の恩恵を受けている。2019年1~7月の輸出総額は、9%増の1,148億8,000万米ドル(約12兆4,000億円)だった。ベトナムの家具、カンボジアやミャンマーの旅行用品、タイのタイヤなど、米国が中国に課した制裁関税の…

関連国・地域: 中国タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン日本ブルネイASEAN米国
関連業種: 繊維農林・水産マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

ユニチカ5年ぶり赤字転落、紡績発祥の繊維4社(11/12)

進む高齢化、地域共生で対策 東南ア「発展途上の老い」(上)(11/12)

ホンダ、「シビックハッチバック」新型投入(11/12)

【CSRの今】電子廃棄物の再利用に注力 東芝、顧客の5割参加目指す(11/12)

印の離脱表明もまずは前進を RCEP、みずほ総研主席に聞く(11/12)

超小型EV購入に補助金、経産省が普及促す(11/12)

スカボローガス田、埋蔵量を52%引き上げ(11/12)

NEC、アジアでBaaS事業を本格展開(11/12)

三菱自、累計生産が70万台に(11/12)

ソニーのゲーム部門、東南ア初の制作拠点(11/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン