• 印刷する

メッカ再巡礼の追加料金廃止、旅行業界歓迎

サウジアラビア政府がイスラム教の聖地メッカなどへの再巡礼者から徴収していた追加料金を撤廃したのを受け、マレーシア旅行業協会(MATTA)のモハド・アズリ・アブドゥル・ラザク副会長(ハジ・ウムラ担当)は「待ちに待った決定であり、支持を表明する」とコメントした。エッジなどが12日伝えた。

メッカ巡礼では、特別な時期に特定の儀式を行う巡礼を「ハッジ(大巡礼)」、それ以外の時期に行う巡礼を「ウムラ(小巡礼)」と呼んで区別するが、今回撤廃されたのは、過去にウムラを行った巡礼者が3年以内に再巡礼を行う場合に必要だった2,000サウジアラビアリヤル(約5万8,000円)の追加料金。

一方で、ウムラを含む巡礼者用ビザ、訪問ビザ、通過ビザの発給手数料がこれまでの200リヤルから300リヤルに引き上げられる。

これにより、マレーシアからの巡礼者がビザを取得するために旅行会社に支払う金額は、手数料や付加価値税を含め、560リンギ(約1万4,500円)程度になる見通しだ。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 観光

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:クアラルンプールでは最…(10/21)

鉄道事業への民間参入を促進 利用率引き上げへ、新運輸政策(10/21)

SPセティア、大阪の複合施設を来夏着工(10/21)

9月新車販売は43%増、4カ月ぶり前年超え(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

三浦工業、KLに現法設立(10/21)

ジョ州ハローキティタウン、12月末で閉園(10/21)

RM1=26.0円、$1=4.19RM(18日)(10/21)

パイプ塗装ワーセオン、カタールに合弁工場(10/21)

空港運営に官民連携モデル導入検討、運輸相(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン