【台湾企業】設立60年を迎えたフラッグキャリア 中華航空(チャイナエアライン)

第二次世界大戦後、台湾では米軍などが中心となって設立した「民航空運」が航空輸送を行っていたが、政府が台湾にも自主運用する航空会社が必要だと判断し、1959年に設立された。民営化された現在も、交通部(交通省)傘下の財団法人中華航空事業発展基金会(航発会)が株式の34.5…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:縁起の良い言葉とともに…(01/26)

22年の日系昇給率2.8%予測 NNA調査、前年実績下回る(01/26)

新型コロナの域内感染、25日は13人(01/26)

出境用途などのコロナ検査、春節連休も対応(01/26)

ワクチン予約第21ターム、詳細を発表(01/26)

モデルナ製ワクチン、151万回分が到着(01/26)

パラオへの不要不急の渡航回避を、コロナで(01/26)

ソニー、TSMC傘下に出資(01/26)

IPの晶心科技、英同業とメタバースで提携(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン