【台湾企業】設立60年を迎えたフラッグキャリア 中華航空(チャイナエアライン)

第二次世界大戦後、台湾では米軍などが中心となって設立した「民航空運」が航空輸送を行っていたが、政府が台湾にも自主運用する航空会社が必要だと判断し、1959年に設立された。民営化された現在も、交通部(交通省)傘下の財団法人中華航空事業発展基金会(航発会)が株式の34.5…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

HTC王執行長退任、後任に仏オレンジ幹部(13:46)

テイクオフ:南太平洋に浮かぶ人口約…(09/18)

郭氏、無所属での総統選断念 与野党一騎打ちなら、蔡氏有利か(09/18)

フーミーフン、7区で新プロジェクト開始(09/18)

台湾の半導体設備投資、19年は増加へ(09/18)

台北電脳公会、5Gの垂直応用連盟発足(09/18)

全家、11月にも台北で韓国チキン店(09/18)

聯強の新本部、世界明珠に24年落成(09/18)

韓国のフッ化水素の対日輸入量、8月はゼロ(09/18)

裕隆城の住宅エリア、開発を全面的に中止か(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン