【グラフでみるASEAN】消費者物価指数(7月) シンガポールのコアインフレ率、3年4カ月ぶり低水準

東南アジア諸国連合(ASEAN)主要6カ国の7月の消費者物価指数(CPI)は、すべての国で前年同月を上回った。物価上昇率はタイとベトナムが6月から加速。インドネシアは横ばいだった。残る3カ国は減速した。食品やエネルギーなど政府の政策の影響を受けやすい項目を除い…

関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポール政府が電動…(11/13)

エコシステム構築の動き加速 フィンテック、基盤・決済統合で(11/13)

米グーグルの決済サービス、大手2銀と連携(11/13)

フランス中銀、来年初めにアジア拠点開設(11/13)

政府とマイクロソフト、5G開発促進で提携(11/13)

9月小売業売上高、8カ月連続マイナス成長(11/13)

10月の新規車両登録23%減、下げ幅拡大(11/13)

前倒し総選挙、来年4月が最有力(11/13)

DBS香港、1~9月期純利益が過去最高(11/13)

【グラフでみるASEAN】消費者物価指数(9月) 5カ国で伸び鈍化、フィリピンは3年4カ月ぶり低水準(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン