台湾上場企業の中国利益、上半期は7%減

台湾信用調査会社の中華徴信所企業(CRIF)によると、台湾上場企業が2019年上半期(1~6月)に計上した中国事業の利益は1,243億7,600万台湾元(約4,190億円)で、前年同期から7%減った。CRIFは米中貿易摩擦の影響を受けた結果とみており、20年には減益幅がさらに拡大す…

関連国・地域: 中国台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ある夜、路線バスに乗っ…(10/21)

「双十一」の販売2倍続出か 各社が販促、認知度向上も追い風(10/21)

聯発科技董事長、「5G・AI領域強化」(10/21)

鴻海系、カンタツ株買い増しでレンズ強化(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

和碩が業績楽観、新アイフォーンの受注好調(10/21)

PCBの定穎電子、桃園工場を売却へ(10/21)

繊維の福懋興業、シェラー株50%取得(10/21)

オーディオテクニカ、台湾で新製品発表会(10/21)

台北双子星開発、市政府が藍天に優先開発権(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン