「G7は存在意義失う」、中国紙が論評記事

【北京共同】27日付の中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は、26日に閉幕した先進7カ国首脳会議(G7サミット)が包括的な首脳宣言を見送ったことを受け「サミットは実質的な存在意義に乏しい空論を交わす場へと変わりつつある」とする専門家の論評記事を掲載した。相対的に…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(19日正午)(17:35)

現代自の中国販売台数、1月は4割減(15:58)

リオが鉄鉱石減産見通し、競合2社に恩恵か(16:47)

「春運」旅客は半減、肺炎で14.8億人止まり(17:28)

新型肺炎の死者、2000人超える(17:28)

新型肺炎、感染者15人増え46人に(17:28)

中国との航空便8割以上が欠航、運輸省(17:03)

建設業界、新型肺炎で不可抗力条項発動も(16:41)

国営ガス、中国企業とLNG分野で協力事業(16:28)

テイクオフ:2月初めに冬の京都を訪…(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン