対米ドルで元安続く、米中貿易摩擦が影響

【上海共同】27日の中国・上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで下落し、通常取引の終値(日本時間午後5時半現在)が前日比0.20%安の1ドル=7.1670元をつけた。2008年2月以来約11年半ぶりの元安ドル高水準。元相場の下落は2日連続。 市場関係者は「米中貿易協議の先行きが…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

感染拡大懸念も対策講じず 企業は各自予防、原料調達影響も(02/17)

高速道路を17日から無料に 全車両対象、物流と企業再開支援(02/17)

台湾事業7割が新型肺炎影響 NNA調査、調達先変更の検討も(02/17)

感染者が入国制限前の4倍に 警戒水準維持、事業活動に支障(02/17)

景気刺激策を27日発表 新型肺炎対策、100億リンギ超も(02/17)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(16日正午) 世界で感染拡大、欧州で初の死者(02/17)

欧米系自動車メーカー、稼働再開に遅れ(02/17)

5産業が肺炎の影響深刻、自動車は減産も(02/17)

台湾からの入国制限解除、マカオも検討(02/17)

FCAセルビア工場停止か、肺炎影響で欧州初(02/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン