• 印刷する

帰還、「準備したが実行できず」と政府発表

ミャンマー外務省は23日付の国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーに声明を出し、22日に予定されていたイスラム教徒少数民族ロヒンギャの帰還は実現しなかったと発表した。ミャンマー側は準備を完了していたが、事前に合意していた手続きが着実に実行されなかったと述べている。

外務省の声明では、22日に難民を受け入れるためにラカイン州や関連省庁の担当者が待機していたと説明したほか、中国と日本の政府も円滑な帰還を促す支援に乗り出そうとしていたと述べた。また、今回の帰還対象としていた3,450人の名簿は、1月にバングラデシュから送付されており、「手順に沿った内容ではなかったにもかかわらず、ミャンマー側は(帰還民になりうるとの)確認を行った」とも言及。帰還の失敗がミャンマー側の責任ではないと強調している。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の関係者は22日、難民キャンプがあるコックスバザールで行った記者会見で、「ロヒンギャ側は国籍の付与と安全の保証を求めており、誰も帰還しなかった」と語った。

ミャンマー政府は、帰還を促すためにロヒンギャに国籍を付与する意向は示していない。

ミャンマーでは2017年8月末、西部ラカイン州で治安部隊とロヒンギャの武装勢力であるアラカン・ロヒンギャ救世軍(ARSA)が衝突して70万人以上のロヒンギャがバングラデシュに逃れた。ミャンマーとバングラデシュの両政府は18年11月にも帰還を試みたが、実現しなかった。


関連国・地域: ミャンマー日本バングラデシュ
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

博多からミャンマーに描く夢 華味鳥、慈善活動30年経て進出(09/13)

ヤンゴンのタイセンター、貿易拡大に期待(09/13)

財務省、低所得者向け小口保険制度整備へ(09/13)

8月まで11カ月間の投資、16万人の雇用創出(09/13)

金相場に落ち着き、史上最高値から反落(09/13)

アジア開銀から1.8億ドル借款、地方開発で(09/13)

ヤンゴン、観光振興で歴史的建物10棟選定(09/13)

8月に値上がりのピーナツ油、価格安定へ(09/13)

ゴム価格が低迷、栽培技術の低さも要因(09/13)

森林破壊防止には武装勢力の協力必要=政府(09/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン