【台湾企業】顧客本位の生産性考慮設計に強み 信邦電子(シンボンエレクトロニクス)

1989年の設立後、パソコン周辺のコネクター生産・販売を主力事業としていた。技術力を蓄積し、製品開発段階から加工などを考慮した設計を行う、生産性考慮設計(DFM)を強化。生産で抱えがちな問題を設計段階で解決することで、顧客の信頼を獲得してきた。最近では、太陽光発電…

関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

豪石炭の需要、パリ協定下でも年4.5%減に(09/13)

イナリ、台湾PCLと光トランシーバー合弁(09/13)

テイクオフ:えっ、ここは村じゃない…(09/12)

米中摩擦で中国は技術大国へ、PwC専門家(09/12)

鴻海グループがインド強化 決済通貨をルピーに変更へ(09/12)

ノートPC受託5社、8月は和碩が前年比増(09/12)

聯発科技、8月売上高は過去最高に迫る(09/12)

カンクン、発電事業に3年で986億円投資(09/12)

中石化、価格下落継続ならCPL減産も(09/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン