米国の禁輸措置拡大に反発、華為

通信機器大手の華為技術(広東省深セン市、ファーウェイ)は19日、米国政府が同社の関連会社46社を禁輸措置の対象とする「エンティティーリスト(EL)」に追加する方針を示したことについて、反発する声明を発表した。新華社電が20日伝えた。 ファーウェイは「米国がこのタイミン…

関連国・地域: 中国-深セン米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

大立光電、2.7億米ドルを台湾戻し入れ(18:00)

通信シングテル、中国聯通とeSIM連携(20:28)

テイクオフ:今年も残り半分というと…(07/15)

コロナ後急速に経営正常化へ 企業の6割、「3カ月で回復」(07/15)

1~6月の完成車輸入、47%減の9.1万台(07/15)

上半期の貿易額6.6%減 6月はプラス、回復の兆し(07/15)

労働集約型産業への税制優遇を検討、李首相(07/15)

富士康、中国山西にスマホ生産ライン増設か(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン