米テスラなど3社、バッテリー工場整備に関心

インド国内で大規模なリチウムイオンバッテリー工場を整備する政府の計画に、電気自動車(EV)大手の米テスラと中国の比亜迪(BYD)、中国の車載用電池大手・寧徳時代新能源科技(CATL)の3社が関心を示している。政府関係者の話として、ヒンドゥスタン・タイムズ(電子…

関連国・地域: 中国インド米国
関連業種: 自動車・二輪車電機電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:世界第2位の武器輸入国…(09/18)

ヒーローがeバイクの新モデル ヤマハ発と提携、100台試験販売(09/18)

南部タミルナド州、EV普及政策を公表(09/18)

アショク、電動車で外資と合弁設立を検討(09/18)

TVS、インドネ産バイクをアフリカで発売(09/18)

エンジンの米カミンズ、BS6適合認定取得(09/18)

米モトローラ、インドでテレビ市場参入(09/18)

テレビとエアコン、政府内に税率引下げの要望(09/18)

アップル、印での生産強化に10億ドル投資(09/18)

タタIT、米GMの技術要員1300人受け入れ(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン