上期FDI認可額は97%増 米中摩擦で製造中心に米から拡大

マレーシア政府による2019年上半期(1~6月)の製造業、サービス業、第1次産業の海外直接投資(FDI)認可額は、前年同期比97.2%増の495億リンギ(約1兆2,600億円)だった。米中貿易摩擦が激化する中、製造業を中心に米国からの投資が大幅に伸びた。ダレル・レイキン貿易産…

関連国・地域: 中国マレーシア米国
関連業種: 農林・水産その他製造建設・不動産天然資源サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日本人学校、感染地から入国後14日登校禁止(19:11)

(表)世界の新型肺炎感染者数(26日正午) 山東省で日本からの訪問者隔離措置(19:03)

海賊版ソフト使用51%、損失リスクに(18:40)

イスラム協調融資で12億リンギ調達、セルバ(18:40)

(表)世界の新型肺炎感染者数(25日正午) 韓国の感染893人、中国に次ぐ感染国に(02/26)

テイクオフ:マレーシア人として、2…(02/26)

27日の景気刺激策発表は延期 政権空白、低迷長期化のリスク(02/26)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(02/26)

国王が下院議員と個別面談、次期首相任命へ(02/26)

RM1=26.1円、$1=4.23RM(25日)(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン