ブルースコープ、減益も米事業拡張決定

オーストラリアの鉄鋼最大手ブルースコープ・スチールはこのほど、米国事業の生産能力を40%引き上げるために、7億米ドル(約744億円)の投資を決めた。貿易戦争で保護主義的傾向を強める米国で、自動車産業や建設業界への鉄鋼供給の拡大を図るという。ただ、19日に発表した2018/…

関連国・地域: オーストラリアニュージーランド米国
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

雇用消失の35%が回復、失業第2波の恐れも(18:05)

大和ハウス、レンドリースと米集合住宅事業(18:05)

パプア経済、今年はマイナス成長へ=世界銀(18:05)

テイクオフ:ビクトリア州を除き、国…(07/15)

NSW州、コロナ規制を再強化 QLD・SAへの入境制限(07/15)

VIC州、有権者支持率が国内最低に=世論(07/15)

ANA、シドニー週3便を8月31日まで延長(07/15)

ベイン、ヴァージンの存続に1.25億$注入(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン