人材派遣21社警戒リストに 労働雇用省、出稼ぎの権利保護

フィリピン労働雇用省は18日、外資の人材派遣会社21社をブラックリストに記載したと発表した。フィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)の権利保護を強化する狙いで、国内の人材会社19社に対しても事業の停止や罰金、免許を剥奪した。政府はOFW省の創設に着手しているほか、OF…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

テイクオフ:タガログ語のラップミュ…(09/18)

オフィス需要、カジノ首位に 19年間で初、規制強化も勢い続く(09/18)

中東情勢に警戒、東南ア各国が対策検討(09/18)

レクサス、SUV「RX」の改良モデル発売(09/18)

メラルコ、ガス田の定期検査で供給不足懸念(09/18)

グラブとハイネケン、東南ア事業拡大へ提携(09/18)

競争委、ファーウェイ委託業者に罰金(09/18)

小規模鉱業事業者に6鉱山を新規開放か(09/18)

〔ミ島通信〕都市開発、百億ドルの経済効果(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン