華為、アフリカでスパイ行為に協力か

【ニューヨーク、ナイロビ共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は14日、中国の通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)の技術者らがアフリカ東部ウガンダと南部ザンビアの情報機関に協力し、反政府活動家や野党関係者の通信傍受やIT機器への不正アクセスなどスパイ行…

関連国・地域: 中国日本アフリカ
関連業種: 電機IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

中欧班列の空コンテナ、補助金狙い報道否定(15:09)

投資相「総選挙の影響楽観」 改革強調、タイ企業を誘致(08/26)

【書籍ランキング】8月8日~8月14日(08/26)

帰還、「準備したが実行できず」と政府発表(08/26)

軍事協定破棄、安保にもヒビ 北朝鮮との融和優先との見方も(08/26)

日本のカンボジア投資、上半期は5億米ドル(08/26)

日産が中国でも試練の時、ライバル猛追(08/26)

川崎重工がバイクの販社設立(08/26)

日本ヒューム、子会社一部株式を地場に譲渡(08/26)

JR東が共用オフィス開所、生活サービス強化(08/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン