4~6月製造業の純利益3割減、米中摩擦が重荷

【共同】東証1部に上場する製造業の2019年4~6月期決算の純利益合計が前年同期比30.3%減と急減したことが13日、分かった。米中貿易摩擦を背景にした世界経済の減速懸念が業績への重荷になった。足元では輸出企業に逆風となる円高が進行しており、米中の対立が長期化するようだ…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

帰還、「準備したが実行できず」と政府発表(08/24)

日比LNG計画で延長申請 調整に時間、23年稼働は維持(08/23)

財政部「貿易戦に強い恩恵」 振り替え受注で、輸出押し上げへ(08/23)

衣料品の在庫販売ショーイチ、3号店を開設(08/23)

テイクオフ:以前に住んでいたミャン…(08/23)

NEC、富士ゼロックスからIT業務受注(08/23)

韓国が軍事協定を破棄、輸出規制強化に対抗(08/23)

飲料水の微小プラ影響なし、途上国では懸念(08/23)

半導体ローム、車載液晶向け新IC生産(08/23)

プロドゥア、小型車アジアの新型予約を開始(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン