消費者物価、7月は1.4%上昇 2カ月連続1%超えも利下げ余地

マレーシア統計局が14日発表した2019年7月の消費者物価指数(CPI、10年=100)は121.5となり、前年同月比1.4%上昇した。食品が全体を押し上げたほか、前年同月はGST(消費税)が実質撤廃された時期(6~8月)に当たるため、ベース効果も影響し2カ月連続で1%を超えた。…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料農林・水産小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:在宅でのオンライン授業…(03/30)

1~3月GDP、東南ア各国で急ブレーキ(03/30)

2500億リンギ規模の景気刺激策 過去最大、政府支出は全体の1割(03/30)

<資料>首相が発表した景気刺激策の内容(03/30)

日本、東南ア7カ国からの入国制限を強化(03/30)

主要港の貨物輸送、29日まで期間限定で許可(03/30)

RM1=25.1円、$1=4.35RM(27日)(03/30)

感染者多いレッドゾーン、30日から消毒作業(03/30)

新型コロナ感染2470人、治療薬の治験に参加(03/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン