消費者物価、7月は1.4%上昇 2カ月連続1%超えも利下げ余地

マレーシア統計局が14日発表した2019年7月の消費者物価指数(CPI、10年=100)は121.5となり、前年同月比1.4%上昇した。食品が全体を押し上げたほか、前年同月はGST(消費税)が実質撤廃された時期(6~8月)に当たるため、ベース効果も影響し2カ月連続で1%を超えた。…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料農林・水産小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

車タンチョン、上半期はCLMV好調で増収(08/23)

ティーライブ、ミャンマーで年内に5店開業(08/23)

企業景況感が大きく悪化 法人税減税、企業4割が要望(08/23)

独メルセデス、現地工場から比へ輸出開始(08/23)

プロドゥア、小型車アジアの新型予約を開始(08/23)

RM1=25.4円、$1=4.18RM(22日)(08/23)

外国人労働者の影響、政府が包括的調査へ(08/23)

格付けMARC、来年上半期の利下げ予想(08/23)

安価な移動型小売店、首都圏の住宅地で開始(08/23)

融資却下の中小企業に助言、オンラインで(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン