バンプー、中国に7カ所目の太陽光発電所

タイの石炭開発大手バンプーの電力子会社バンプー・パワーは13日、中国江蘇省で新たに太陽光発電所が商業運転を開始したと発表した。 全額出資子会社のBPPリニューアブル・インベストメントが1億8,915万人民元(約28億2,500万円)を投じて建設した。出力は2万5,220キロワット…

関連国・地域: 中国タイ
関連業種: 電機建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バンコクの有名な卸売市…(08/26)

投資相「総選挙の影響楽観」 改革強調、タイ企業を誘致(08/26)

【循環型経済】タイをバイオプラ生産ハブへ 原料の一大産地、大手が増産検討(08/26)

日本ヒューム、子会社一部株式を地場に譲渡(08/26)

GPSC、PTTと電池のR&Dで提携(08/26)

アマタ、政府と合弁でヤンゴンに工業団地(08/26)

起亜、タイで「ソウルEV」最新モデル発売(08/26)

ECショッピー、2四半期連続で東南ア首位(08/26)

シボレー、新型「キャプティバ」を現地生産(08/26)

メルセデス、小型車「Aクラス」の新型発売(08/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン