AD課税延長へ調査、インド製光ファイバー

中国商務省は13日、インドから輸入されるシングルモード光ファイバーについて、反ダンピング(不当廉売、AD)関税措置の期限切れに伴う見直し調査(サンセットレビュー)を行うと発表した。AD措置を継続するかどうかを判断する。 調査は14日から開始し、期間は最長で来年8月…

関連国・地域: 中国-全国インド
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

豪LNG輸出で日本が1位、日中韓で約9割(17:36)

米国の禁輸措置拡大に反発、華為(17:27)

テイクオフ:上海から車で1時間半ほ…(08/20)

上期FDI認可額は97%増 米中摩擦で製造中心に米から拡大(08/20)

カジノのナガ3号館、9月下旬に着工予定(08/20)

深セン新政策、「金融で脱香港依存」の指摘(08/20)

深センを改革先行モデル区に 党と政府が指定、特区の役割拡大(08/20)

シェルが給油所でEV充電設備、東南アジア初(08/20)

鴻海系FII、中国で5Gモジュール開発(08/20)

現代自の中国販売、インド市場の水準に低下(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン