韓国が石炭灰輸入検査強化へ、対抗措置か

【ソウル共同】韓国環境省は8日、火力発電の廃棄物でセメントの材料に使われる「石炭灰」を輸入する際、放射性物質の検査を強化すると発表した。聯合ニュースによると、ここ数年の輸入先は日本のみだった。環境省は日本政府による輸出規制強化との関連性を否定しているが、韓国メ…

関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

米半導体装置大手、韓国にR&D施設移転か(17:42)

ポスコ、船舶環境装置向け鋼材を量産(18:25)

公開要求に違法判決、化学物資関連の情報(18:25)

テイクオフ:テレビを見なくなったの…(09/19)

観光業界、値下げ相次ぐ 社会混乱で需要減、回復に時間(09/19)

日本を輸出優遇国から除外 事実上の対抗措置、対立深まる(09/19)

中国勢がスマホシェア争い ネット販売加速、実店舗も強化(09/19)

優遇除外の影響「限定的」、日本貿易会会長(09/19)

8月の訪日韓国人5割減、日韓関係悪化で(09/19)

自動車産業、操業日減で全分野マイナス(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン