ヤマハ発、「米中摩擦がロボティクス事業に影響」

【共同】ヤマハ発動機の日高社長は8日、2019年6月中間決算会見で「ベトナムの二輪車や産業用ロボティクスが想定外に下振れ。マリン事業やインドネシアの二輪車が上振れし穴を埋めた。米中貿易摩擦がロボティクス事業に影響した。自動運転や5Gの需要があり、ロボティクスも盛り…

関連国・地域: 中国日本米国
関連業種: 自動車・二輪車電機


その他記事

すべての文頭を開く

6月の東南ア訪日客99.9%減、コロナ影響続く(21:01)

京セラ系、エヤワディでも太陽光グリッド(16:33)

大和ハウス、レンドリースと米集合住宅事業(18:05)

ANAの成田4便と羽田運休、8月も継続(15:45)

新空港が日本支援で再始動 計画白紙から2年、事業化調査へ(07/15)

交通事故、意識改革が課題 飲酒罰則や免許制、法整備前進も(07/15)

日系各社がSUVを積極投入 展示会が開幕、コロナ禍で世界初(07/15)

人の往来の早期再開求める、人材送り出しで(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン