企業の8割「貿易摩擦影響」 生産移転先にASEAN有望

台湾の大手民間シンクタンク、中華経済研究院(中経院)がメーカーなどを対象に実施した調査によると、製造業の約8割が「米中貿易摩擦が自社の受注、生産、運営に影響を与えている」と答えた。このうち中国から受注を移す先では台湾が最多の回答比率となる7割近くだったが、工場…

関連国・地域: 中国台湾ASEAN米国欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:役者が発する言葉は、韓…(08/21)

【日韓対立】日韓企業62%「実害を懸念」 収束見通し、日系が悲観的見方(08/21)

フィンテックへの投資が急増 今年2倍近くへ、220億元規模に(08/21)

台湾系縫製GTI、4~6月期は83%増収(08/21)

宜鼎、米MSとAIoT向けSSDを開発(08/21)

タピオカ輸入が過去最高、19年上半期(08/21)

聯発科、5G単独規格通信の通話試験に成功(08/21)

奇景光電、靴自動接着技術を共同開発(08/21)

中鋼、4Qの域内鋼材価格は値上げも(08/21)

中秋節商戦は30億元規模、小売各社が販促(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン