• 印刷する

車部品の独ボッシュ、2工場で生産調整

ドイツの自動車部品大手ボッシュのインド法人は7日、国内の工場2カ所で8月中に生産調整を実施すると発表した。

生産調整の対象は南部タミルナド州のガンガイコンダン工場と西部マハラシュトラ州のナシク工場。ガンガイコンダン工場の操業停止は10、16、17、24、31日の5日間、ナシク工場は16、17、26~31日の8日間となる。ボッシュは、生産調整の実施について、「需要を満たしつつ、不要な在庫の積み増しを回避することが目的」と説明した。

インドの自動車業界は現在、深刻な販売不振に陥っている状況。ボッシュは、ガンガイコンダン工場で7月後半にも5日間の生産調整を実施した。

ファイナンシャル・エクスプレス(電子版)によると、南部カルナタカ州のビダディ工場とナガラタプラ工場、西部ラジャスタン州のジャイプール工場でも7月後半以降に生産調整が実施された。


関連国・地域: インド欧州
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:三大カーンもすごいが、…(07/14)

グーグルが100億ドル投資 デジタル化促進、AI活用などに(07/14)

通信ジオ、米クアルコムからも資金調達(07/14)

ITタタ、今年も新卒4万人採用(07/14)

電気バスのPMI、5年後見据え技術開発(07/14)

本年度は4.5%のマイナス成長、商工会調査(07/14)

格付け低下の企業、今月9日時点で3900社超(07/14)

太陽光発電企業の資金調達、上期は76%減(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン