• 印刷する

車部品の独ボッシュ、2工場で生産調整

ドイツの自動車部品大手ボッシュのインド法人は7日、国内の工場2カ所で8月中に生産調整を実施すると発表した。

生産調整の対象は南部タミルナド州のガンガイコンダン工場と西部マハラシュトラ州のナシク工場。ガンガイコンダン工場の操業停止は10、16、17、24、31日の5日間、ナシク工場は16、17、26~31日の8日間となる。ボッシュは、生産調整の実施について、「需要を満たしつつ、不要な在庫の積み増しを回避することが目的」と説明した。

インドの自動車業界は現在、深刻な販売不振に陥っている状況。ボッシュは、ガンガイコンダン工場で7月後半にも5日間の生産調整を実施した。

ファイナンシャル・エクスプレス(電子版)によると、南部カルナタカ州のビダディ工場とナガラタプラ工場、西部ラジャスタン州のジャイプール工場でも7月後半以降に生産調整が実施された。


関連国・地域: インド欧州
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド経済に関するデー…(09/23)

建機部品のアジア輸出拠点へ 伊藤鋳造鉄工所、新工場で加工も(09/23)

法人減税で民間投資の促進へ 1.5兆ルピー規模、財政悪化の懸念も(09/23)

南部に医療インフラ拠点、日本輸出で初(09/23)

エーザイ、抗がん剤の販売で米マイランと提携(09/23)

鉄鋼ブルースコープがカルテル強要=競争委(09/23)

日通が地場同業に22%出資、国内物流を拡大(09/23)

国道公団、用地未取得の事業打ち切りへ(09/23)

マルチスズキ、祭事期に小型SUV投入(09/23)

タタ、5車種で装備充実の「プロ」仕様導入(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン