• 印刷する

ジャワ島広域で大規模停電

暗くなっても停電は復旧せず自家発電のない民家には明かりがともらず=4日午後6時半ごろ、ジャカルタ市内(NNA撮影)

暗くなっても停電は復旧せず自家発電のない民家には明かりがともらず=4日午後6時半ごろ、ジャカルタ市内(NNA撮影)

インドネシア・ジャワ島西部から中部にかけての広い地域で4日午後、大規模な停電が発生した。国営電力PLNは停電の原因について、西部バンテン州のスララヤ石炭火力発電所と、中ジャワ州の送電系統でそれぞれ不具合が発生したためと説明した。地元メディアが同日伝えた。

スララヤ発電所では1~6号基のガスタービンに不具合が発生、7号基は完全に停止した。このためバンテン州や首都圏を中心とする広範囲で停電が発生した。さらに、中ジャワ州ウンガラン―プマラン間の基幹送電系統でも不具合が発生、同州とジョクジャカルタ特別州の多くの地域でも停電した。

首都ジャカルタでは正午ごろに停電した。ジャカルタ中心部を南北に走る都市高速鉄道(MRT)や、首都圏を運行する国鉄子会社のコミューター鉄道の全線がいずれも運行を停止、車内に取り残された乗客は誘導されて避難した。

銀行の現金自動預払機(ATM)は、電力が供給されないために稼働できず、携帯電話の通信基地局に送電されないために通信電波にも支障が生じた地域もあった。

国営空港運営会社アンカサ・プラ1は同日、同社がジャワ島とバリ島で運営する6カ所の空港運営には支障が出ていないと発表した。

中ジャワ州とジョクジャカルタ特別州の一部地域では午後3時すぎから復旧したとの報道もある。PLNは午後4時半過ぎ時点の見通しとして、ジャカルタは3時間以内、西ジャワ州とバンテン州は4~5時間以内に復旧すると明らかにした。

停電で運行を停止したMRTの車内から避難する乗客(MRTジャカルタのツイッターより)

停電で運行を停止したMRTの車内から避難する乗客(MRTジャカルタのツイッターより)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸電力・ガス・水道社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「いろいろありましたが…(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

活動制限延長の規定公布 零細事業者向けの制限を一部緩和(07/27)

長距離鉄道の乗車、就労登録証不要に=国鉄(07/27)

東南アジアのIPO活況、下期も継続(07/27)

空港のワクチン接種、20日間で4万人に実施(07/27)

メドコ傘下の銅製錬所、中国企業連合が受注(07/27)

フリーポート、上半期の銅販売量が90%増(07/27)

エムテック、グラブに約410億円出資(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン