• 印刷する

スーパードライの期間限定店、大安区に出店

アサヒグループホールディングス傘下で、台湾で酒類事業を担う「台湾朝日ビール(アサヒビール台湾)」はきょう26日から9月1日まで、台北市大安区に期間限定バー「アサヒスーパードライ ポップアップビストロ」をオープンする。

忠孝東路四段の路面店に設けた。座席数は44席で、テイクアウトも可能。アサヒビール台湾の古庄希・董事長兼総経理によると、期間限定バーの出店は昨年に続き2回目で、「前回と場所を変え、より落ち着いた空間で食事とビールを楽しんでもらえるようにした」という。

店内では、定番の「アサヒスーパードライ」(1杯160台湾元=約550円)のほか、「アサヒスーパードライドライブラック」「ハーフ&ハーフ」(それぞれ160元)も提供する。台南市の人気ソフトクリーム店「NINAO(ニナオ)」とコラボした「柚子風味ビールスムージー」(100元)を、台湾オリジナル商品として販売する。

出店中は時期によって異なるフードも用意する。きょう26日から8月4日まではペルー料理と和食、8月5日から11日まではイタリア料理と和食をそれぞれフュージョンさせたオリジナルメニューを投入。8月12日以降は台湾をベースとした多国籍料理を提供する。いずれも複数のシェフがアサヒスーパードライとの相性を考え創作した。

古庄董事長兼総経理は出店の目的について、「スーパードライの輸入は20年以上やっているが、台湾に会社を置き本格的に始動したのは去年から。20~30代をターゲットに、スーパードライのブランドイメージを広めていきたい」と話した。

期間限定店をPRするアサヒビール台湾の古庄希董事長兼総経理(左)=25日、台北(NNA撮影)

期間限定店をPRするアサヒビール台湾の古庄希董事長兼総経理(左)=25日、台北(NNA撮影)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 食品・飲料サービス

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ警戒引き下げに慎重 衛生当局、感染者減も再拡大警戒(06/18)

新型コロナの域内感染、17日は175人(06/18)

陳時中指揮官、ワクチン調達の遅れで謝罪(06/18)

タイヤのマキシス、本年度に販売網5%拡大(06/18)

高齢者21人が死亡、コロナワクチン接種後(06/18)

経済部、工業区のワクチン大規模接種へ準備(06/18)

京鼎精密の2Q売上高、過去最高予想(06/18)

鴻海、ハンガリーでクラウド設備生産か(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン