• 印刷する

エアアジア、2Qグループ乗客数は1284万人

マレーシアの格安航空会社(LCC)エアアジアが23日発表した2019年第2四半期(4~6月)のグループ全体の乗客数は、前年同期比18%増の1,283万9,204人だった。供給座席数は19%増の1,509万3,048席。有償座席利用率(ロードファクター)は85%で、前年同期から1ポイント低下した。

乗客輸送力を表す有効座席キロ(ASK)は17%増の186億4,500万キロメートル、乗客数をフライト距離で掛けた有償旅客キロ(RPK)は16%増の157億6,600万キロだった。昨年末時点で所有する航空機数(他社へのリース機体も含む)は146機となり、前年同期から22機増えた。

国別では、インドネシア、フィリピン、インド、日本で乗客数の増加が目立った一方、タイは一桁の伸びにとどまった。

ロードファクターは、インドネシア、フィリピン、インドで増加したが、その他では微減だった。

17年10月から再就航している日本事業は、乗客数が前期比79%増の10万2,815人で、10万人を超えた。ロードファクターは1ポイント低下の78%だった。

■観光促進でコラボ企画も

エアアジアは23日、JR九州とのコラボレーション企画を実施した。JR九州の特急列車「ゆふいんの森」にエアアジアのキャビンクルーが「1日客室乗務員」として乗車し、旅客機の機内アナウンスを模した車内放送したほか、記念品を贈呈した。

同企画は、今年3月のエアアジアXの福岡―クアラルンプール便、7月のタイ・エアアジアXの福岡―バンコク便就航を記念し、東南アジアと九州相互の観光促進を目的に実施された。


関連国・地域: タイマレーシアインドネシアフィリピンインド日本
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルス感染…(07/02)

東南ア、入国制限の緩和検討 日本からの渡航本格化には時間(07/02)

融資返済猶予、CIMBも顧客絞り延長方針(07/02)

今年の設備投資8割減、空港運営MAHB(07/02)

RM1=25.1円、$1=4.29RM(1日)(07/02)

コロナ対策給付金、累計109億リンギ給付(07/02)

マレーシアの労働生産性、19年は2.1%上昇(07/02)

産業向け電力サーチャージ、下期は徴収せず(07/02)

国営電力、120億リンギ相当のイスラム債計画(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン