政府、今週末からバングラ難民キャンプ訪問

ミャンマー政府の代表団は27~29日の3日間、イスラム教徒少数民族ロヒンギャの難民キャンプがあるバングラデシュのコックスバザールを訪問する計画だ。ミャンマー・タイムズ(電子版)が23日伝えた。 ミン・トゥ外務次官が、社会福祉・救済復興省と「ラカイン州の人道支援・再定…

関連国・地域: ミャンマーバングラデシュ
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

政府、コロナファンドを79億円規模増額(07/07)

外国人入国制限、早期解除を 中国・シンガポールなどで要望強く(07/07)

新たな感染なし、累計313人のまま=6日朝(07/07)

輸入増加に伴う生産者保護法、即時施行(07/07)

コメ輸出、2割増の6.2億米ドルに(07/07)

6月は48.7で回復の兆し、製造業PMI(07/07)

カチンの翡翠鉱山事故、政府が調査委を設置(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン