菜烏が越境EC物流強化、全国に倉庫設置へ

中国電子商取引(EC)最大手、阿里巴巴集団(アリババグループ)傘下の物流企業、菜鳥網絡科技(浙江省杭州市)がクロスボーダーEC(越境EC)向け物流事業を強化している。全国の主要港湾に越境ECによる輸入品用倉庫を設け、在庫管理や配送といった包括的なサービスを提供…

関連国・地域: 中国-浙江
関連業種: 運輸IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

洪水でコメ価格上昇、品薄で輸出にも影響(09/18)

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

米中貿易摩擦の影響に備えるべき=財務相(09/18)

米社も香港見通しを引き下げ 社会混乱、中国との一体化懸念(09/18)

テイクオフ:上海から高速鉄道に乗っ…(09/18)

輸出が6カ月連続減、下げ幅縮小も軟調(09/18)

フェローテックが中国投資拡大 国産化追い風に、3年で710億円(09/18)

対米ドルのリンギ相場、4.26リンギまで下落か(09/18)

LGU+、中国で5Gローミングサービス(09/18)

中古車取引量、20年には新車超えも(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン