• 印刷する

現代自、傘下起亜の工場での生産検討

韓国の現代自動車は、インドでの新たな生産拠点として、傘下の起亜自動車が南部アンドラプラデシュ州で運営する工場を活用する方向で検討している。既存工場の設備稼働率がほぼ100%に達しているためだ。ファイナンシャル・エクスプレス(電子版)が23日に伝えた。

現代自動車は、南部タミルナド州の2カ所に工場を設置している。両工場の生産台数は3月末時点で計71万1,000台と、年産能力(72万台超)の約98%に達していた。関係者によると、生産能力を増強する必要があるものの、インドの自動車市場は向こう数年間にわたり低迷が予想されるため、現代自動車は大規模な投資による工場新設には慎重な姿勢を示しているという。

起亜は南部アンドラプラデシュ州アナンタプールで年産能力30万台の工場を保有している。同工場の敷地面積は536エーカー(約217ヘクタール)で、年産能力を10万台引き上げる余地があるもようだ。


関連国・地域: 韓国インド
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

太陽光目標は「達成可能」 新エネ省、セル生産拡大にも意欲(08/23)

石油HPCL、5年で7400億ルピー投資計画(08/23)

インドのデータ分析会社、アジア太平洋に参入(08/23)

BMW、セダン「3シリーズ」の新型発売(08/23)

ヤンゴン新都市、2事業でタイと印企業選定(08/23)

米高級二輪インディアン、リース開始へ(08/23)

新興フィンテック、1.5億ドル資金調達へ(08/23)

電子決済の普及、公営銀の支店閉鎖を加速(08/23)

英HSBC、200人規模の技術職を削減(08/23)

公営銀が中小企業向け融資強化、車と住宅追加(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン