• 印刷する

テイクオフ:自宅マンションのエレベ…

自宅マンションのエレベーターが1階に着いて扉が開くと、目の前にうりざね顔の美人が立っていた。近くのマンションに住む顔見知りの夫人だ。だが、この日の夫人はばつの悪い表情を見せただけで、入れ替わりでエレベーターに乗ってしまった。

その後、あることに気づく。自宅マンションは部屋の鍵がなければ、エレベーターに乗れない設計。友人にでも会いに来たのかと思ったが、常識的に考えてただの友人に家の鍵を渡す人はまずいない。加えて、夫人が見せたあの不自然な態度。あいびきが行われていたのではとの疑念が浮かぶ。

だが、台湾では不倫は刑事罰の対象。井戸端会議に最適なこのエピソードも、人を牢屋に入れると思うと、安易に口外できない。台湾の大衆紙が私人の不倫沙汰すら報道するのは、欲求を溜め込んだ噂好きの市民の需要に応えるためなのかもしれない。(陳)


関連国・地域: 台湾
関連業種: メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

南亜科技、「DRAM価格は3Qも上昇」(05/29)

新型コロナ感染者、442人に(14:23)

みずほがスタートアップ支援、南科とタッグ(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

大聯大、香港など各地でスマート倉庫建設へ(05/29)

泰博のコロナ検査試薬、7月にも輸出開始へ(05/29)

誠品書店がマレーシアに出店へ、東南ア初(05/29)

雲品酒店が中国市場進出へ、杭州にホテル(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン