• 印刷する

EUとの貿易交渉、貿易相「サービス分野も」

バーミンガム貿易相はこのほど、オーストラリアと欧州連合(EU)との自由貿易協定(FTA)交渉は象徴的な意味を持つと述べた上で、農業以外の分野やEU向けのサービス輸出も拡大したいとの意向を明らかにした。13日の公共放送ABCのテレビ番組で語った。

バーミンガム貿易相は、EUとの貿易交渉の目的は既存の規制を取り払うことにあるとした上で、世界的に米中貿易紛争の影響が波及する中、自由貿易を支持するメッセージを送ることは重要だと述べている。

同相は、オーストラリアがすでにEUと密接な貿易関係にあるとした上で、多くのオーストラリアの農業生産者にとっては輸出面での制限があり、特に食肉の分野では非常に小さなクオータ(輸出割り当て)と厳しい規制に直面していると指摘。「我々はこれらをオープンにしたい」と述べた。

同相は、EUがオーストラリアとの交渉の中で、産地と結びついた食品や酒類のブランド名を保護する「地理的表示(GI)」を要求すると予想している。これによりオーストラリア産の食品について「フェタ(チーズ)」などの呼称の使用が認められなくなる可能性が高い。

全国農業者連盟(NFF)のマー最高責任者は、EUとの交渉の中で「たくさんの小さな犠牲」があるだろうと述べた上で、GIが協定の一部に含まれるのであれば、すべてのオーストラリア製品の市場アクセスを求めると主張。オーストラリアがEUから輸入する農産品は、オーストラリアがEUに輸出している農産品よりも多いとし、より公平な条件を求めていると述べている。


関連国・地域: 中国オーストラリア米国欧州
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インターネット上に、盛…(06/01)

VICが在宅勤務を「強制」に 違反で罰金、緩和第1段階完了も(06/01)

NSW―NZ移動解禁案、スキー観光後押し(06/01)

首長連絡会議成功で継続へ、雇用創出に焦点(06/01)

豪連邦と州政府、負債1兆2千億$超の恐れ(06/01)

〔政治スポットライト〕豪駐中国大使、過去にVIC一帯一路容認(06/01)

大量の豪産農水産物、貨物支援制度で中国へ(06/01)

渡航制限緩和へ、中国複数都市から(06/01)

加不動産投資企、破綻ヴァージン再び応札へ(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン