EGAT、北部の石炭火力の更新へ公聴会

タイ発電公団(EGAT)は、北部ランパン県のメーモ石炭火力発電所8~9号機の更新計画について、投資額を350億バーツ(約1,200億円)から370億バーツに引き上げることで調整している。現地で公聴会を開いて住民の意見を聞いた上で更新計画を進める意向。13日付バンコクポストが…

関連国・地域: タイ
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者1.41万人、死者は122人(18日)(14:30)

新規感染者1.46万人、死者は171人(17日)(09/17)

モデルナ製ワクチン、12~17歳への接種承認(09/17)

日本入国時の待機期間短縮、タイなどはなし(00:21)

浦和レッズ、地元クラブと提携 筆頭株主の三菱重工は商機に期待(09/17)

【ウィズコロナ】「数学学習はAIにお任せ」 韓国エドテック熱く(下)(09/17)

新規感染者1.39万人、死者は188人(16日)(09/17)

工業連盟、今年の車生産155万台達成に自信(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン