首都で大規模下水処理施設を建設、円借款で

国際協力機構(JICA)は11日、インドネシアの首都ジャカルタの下水道整備事業に関して、309億8,000万円を上限とする円借款契約に調印したと発表した。インドネシア初の技術を採用した大規模下水処理施設の建設と排水用水路の整備を支援する。2026年6月までに供用を開始する。…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

テイクオフ:ホテルインドネシア前の…(07/23)

UAE企業が投資拡大へ 石化など3案件に90億ドル(07/23)

仁宝、インドネシアへの投資を検討(07/23)

東風小康汽車、現地生産車の輸出拡大へ(07/23)

AD措置を正式決定、日欧などのステンレス(07/23)

バンドン高速鉄道、首都―カラワンが15分(07/23)

台湾EMSコンパル、製造拠点の設置に関心(07/23)

米エクソン、下流事業に多額投資を準備(07/23)

銀行から保険料徴収へ、破綻のリスク回避(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン