• 印刷する

原発導入の議論を、与党が提案検討

オーストラリアに原子力発電所を建設することを議論すべきだとして、与党保守連合(自由党・国民党)が検討を行っていることが分かった。11日付オーストラリアンが伝えた。

同紙はモリソン首相に提出された提案内容を入手。これによると、与党は原子力発電所の実行可能性について討議するための議員委員会の設置について議論しているという。

クイーンズランド州選出の自由国民党(LNP)のピット下院議員とマグラス下院議員は先月、原子力エネルギーについて徹底した調査を行うことをモリソン首相に提案。両議員は上院委員会で検討を行うべきだとしているが、与党内ではこの問題を下院委員会に付託すべきかどうか議論が行われている。

同調査では「原子力産業が確立された場合の国民経済への便益」のほか、「原子力発電所の建設と運営の実現可能性」、「核燃料サイクルへの参加の拡大の可能性」などについて検討されることになる。

モリソン政権は原子力発電所の建設の禁止を含む「環境保護および生物多様性保全(EPBC)法」の改正に消極的だが、一部の下院議員は同法の見直しと原子力発電所の建設禁止の条項を撤廃することを求めている。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 建設・不動産天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:仕事が休みだったある日…(02/24)

豪2百社の6割、気候変動無策 投資家は対策を要望(02/24)

固定資産絡みの人件費控除、国税局が変更案(02/24)

肺炎で航空会社損失3兆円、アジア直撃(02/24)

豪ドル為替、世界金融危機以来の低水準(02/24)

楽天モバイル、豪通信子会社に5G技術提供(02/24)

三井物産、WA産硫酸カリの5年購入で合意(02/24)

豪石炭大手に日本融資増、上期は91%減益(02/24)

〔オセアニアン事件簿〕豪、中国滞在者の入国拒否を29日まで延長(02/24)

中国取引の豪企業、新肺炎の影響「数カ月」(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン