• 印刷する

《安全》H1N1インフル死者34人に、17年に迫る

ミャンマー保健・スポーツ省は10日、今年に入って国内で確認されたH1N1型インフルエンザ感染による死者が、34人に達したと明らかにした。38人が死亡した2017年の流行期に迫る勢いで感染が拡大している。ミャンマー・タイムズ(電子版)が11日伝えた。

感染者数は186人となった。死者のうち27人は最大都市を管轄するヤンゴン管区が占める。以下、中部エヤワディ管区で3人、北西部ザガイン管区で2人、中部バゴー管区と東部モン州で各1人が死亡した。ヤンゴン管区では、南ダゴン郡区とラインタヤ郡区でそれぞれ13人の感染が確認され、4人が死亡した。

死亡者の大部分は、慢性疾患や免疫不全疾患を抱えており、年齢は15~65歳だった。保健省は、せき・くしゃみの際に口を覆うことや手洗いの徹底、人混みを避けることなどを奨励している。

ミャンマーでは例年、モンスーンが到来する7~9月にインフルエンザが流行する。17年の流行期には、406人のH1N1感染が確認された。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

外国投資が過去2年で最大 1月に9億ドル、肺炎に懸念も(02/25)

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

ティラワ接続道の拡幅が完工、往来円滑に(02/25)

MAI、8月の増便に向け航空機2機リース(02/25)

制裁検討のEU代表団、近くミャンマーへ(02/25)

国際標準GS1バーコード、正式導入(02/25)

資金洗浄対策が不十分、リスト国に再指定(02/25)

プルデンシャル、地場ジム予約アプリと提携(02/25)

ラカインの大量殺人2件、軍事法廷で審議へ(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン