• 印刷する

テイクオフ:インター校の子どもらに…

インター校の子どもらによる発表会に教育省が抗議した。発表会では年間2,000~3,000頭のオランウータンが森林伐採により「殺され」「持続可能でない」「パーム油のプランテーション」が要因と、マレーシア政府が見過ごせない言葉が並んだ。

マレーシアは現在、EUとパーム油取引で協議を重ねている。EUは環境保全型の栽培・製品であるかを疑問視し、使用縮小や輸入禁止といった措置を検討しているだけに、子どもらの発表は教育機関というフィルターを通した西側のプロパガンダだと反発している。

絶滅危惧種を学ぶのが課題だったようで、クジラやウミガメも含まれている。廃プラの違法投棄や密猟を背景要因に挙げる子どももいて、世界全体が背負う問題でもある。ふと、アジア発として老子の「知足」という概念が浮かんだ。環境への意識改革の一助にはならないか。(丑)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:週末にクアラルンプール…(02/25)

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(02/25)

マハティール首相が辞任 与党連合は過半数割れ、総選挙も(02/25)

リンギと株が大幅安、首相の辞意表明受け(02/25)

自動車優遇策に変更なし、財務省(02/25)

新型肺炎の経済損失、59億リンギとの試算も(02/25)

景気先行指数、19年12月は前月比0.8%低下(02/25)

通信アクシアタ、66億リンギの設備投資計画(02/25)

私的年金の規制自由化で競争力強化、証取委(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン