• 印刷する

独ヘンケル、スマート工場でコスト12%削減

スマートファクトリー化されたヘンケル(タイランド)の接着剤製造工場=3日、チョンブリ県(同社提供)

スマートファクトリー化されたヘンケル(タイランド)の接着剤製造工場=3日、チョンブリ県(同社提供)

接着剤やビューティーケア製品を製造する独系ヘンケル(タイランド)は3日、東部チョンブリ県のアマタシティーチョンブリ工業団地(旧アマタナコン工業団地)で操業する接着剤の製造工場をスマートファクトリー化したことで、生産コストを12%削減できたと明らかにした。

同工場では、2015年から産業用ロボットやファクトリーオートメーション(FA)システムなどを導入し、スマートファクトリー化を推進。原料の調達から製品の配送までの全行程をデジタル化した。

これにより、18年の生産コストは前年比で12%減少し、工場は330万時間余り稼働し、稼働停止による損失はなかった。また、電力消費量は12年比で17%、二酸化炭素の排出量は16%、廃棄物の量は46%、上水および排水の量は20%それぞれ減少した。ヘンケル(タイランド)で接着技術のタイ事業・バンパコン拠点の責任者を務めるイサラ氏によると、今後も二酸化炭素の排出量を年3%削減していく方針という。同工場では、従業員約150人が勤務している。

ヘンケル(タイランド)は、1972年にバンコクに設立された。チョンブリ県とバンコク東郊サムットプラカン県に接着剤工場、チョンブリ県にビューティーケア製品の工場を構える。


関連国・地域: タイ欧州
関連業種: 化学その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測(14:33)

103人感染・4人死亡、76人が回復(3日)(16:55)

日産とスズキも工場を休止、6日から(16:07)

きょうから夜間の外出禁止 午後10時~午前4時、全国で実施(04/03)

北部の山火事で大気汚染深刻 コロナも拡大、健康の懸念広がる(04/03)

104人感染・3人死亡、89人が回復(2日)(04/03)

日本人学校、5月からオンラインで授業開始(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン