【米中摩擦】在中企業に「内需」狙う流れ 「量から質」へ、新志向に商機

【第6回】「チャイナプラスワン」や米中貿易摩擦の流れの中で、中国に拠点を置く輸出企業の生産移管が取りざたされる一方、内需の取り込みに一層注力する企業も多い。外資や地場との競争は厳しいものの、世界最大級の市場では「量」から「質」への移行が見て取れ、高齢化や健康志…

関連国・地域: 中国ベトナム米国
関連業種: 自動車・二輪車電機食品・飲料その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

【中進国の罠】人口ボーナスに強みとリスク インドネシア、世界5位の経済国へ(04/07)

感染者241人に、屋外でもマスク着用を徹底(04/07)

ベトラベル航空、10月就航予定を延期(04/07)

ベトナム航空、15日までダナン往復を減便(04/07)

1~3月不動産取引、過去4年で最低に(04/07)

ビナコネックス2、社名変更と増資実施へ(04/07)

BIDV、不動産競売で4兆ドン債権回収へ(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン