【米中摩擦】越は「中国を補完」が限度か 一貫生産とコストでバングラ台頭

【第5回】米中貿易摩擦は中国からの生産移管「チャイナプラスワン」を後押しする一方、ベトナムにとっては流れを受け止めきれるかの試金石となっている。繊維・縫製業界では、流行に合わせて短期で中~小ロットの生産に対応する点で、ベトナムは中国に及ばないとの見方が定着して…

関連国・地域: 中国ベトナム米国
関連業種: 繊維その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

通信・交通が電子マネー布石 群雄割拠のモバイル決済(上)(12/11)

1~11月の自動車販売、14%増の29万台(12/11)

フォード代理店、増資で同業店買収へ(12/11)

高島屋と清水建設、ハノイの複合ビル取得(12/11)

韓国新世界、ビンGとレジャー施設建設へ(12/11)

北部の2号線並行高速道路、BOTで建設へ(12/11)

ベトナム航空、国内線運賃の上限廃止求める(12/11)

放熱モジュールの超衆科技、ハノイに工場(12/11)

カイトエア、20年6月に就航目指す=会長(12/11)

ペトロベトナム、11月までに通年計画12%超(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン