特許紛争の政治問題化懸念、華為幹部

【上海共同】中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の宋柳平・上級副社長は27日、広東省深センの本社で記者会見し「政治家が知的財産権を政治の道具として使えば、特許保護制度の信頼が破壊される」と語り、知財を巡る企業間の紛争を「政治問題化」することに懸念を表明し…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

クルジャヤが建設受注、三井不のアパート(18:21)

コールド物流の標準化目指す 日ミャンマーの官民が情報交換(01/21)

日本との貿易額、19年1~11月は12%増(01/21)

スバル、30年代前半に全車電動化(01/21)

19年の輸出受注、5.3%減に 全製品・市場が落ち込み(01/21)

【循環型経済】倉庫型リユース店で新境地 ワットマン、買取店も年内開設へ(01/21)

【識者の見方】新車販売頼みからの脱却が鍵 東南アジア、移動手段多様化で(01/21)

製造効率化で日本と連携促進 地場中小と商談150件、ジェトロ(01/21)

独オペル、15年ぶり日本再参入(01/21)

ブランド品売買SOU、3カ国に拠点(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン