特許紛争の政治問題化懸念、華為幹部

【上海共同】中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の宋柳平・上級副社長は27日、広東省深センの本社で記者会見し「政治家が知的財産権を政治の道具として使えば、特許保護制度の信頼が破壊される」と語り、知財を巡る企業間の紛争を「政治問題化」することに懸念を表明し…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

財政部「貿易戦に強い恩恵」 振り替え受注で、輸出押し上げへ(08/23)

日比LNG計画で延長申請 調整に時間、23年稼働は維持(08/23)

衣料品の在庫販売ショーイチ、3号店を開設(08/23)

テイクオフ:以前に住んでいたミャン…(08/23)

NEC、富士ゼロックスからIT業務受注(08/23)

韓国が軍事協定を破棄、輸出規制強化に対抗(08/23)

飲料水の微小プラ影響なし、途上国では懸念(08/23)

半導体ローム、車載液晶向け新IC生産(08/23)

プロドゥア、小型車アジアの新型予約を開始(08/23)

日韓議連総会が不透明に、政府間対立で(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン