【米中摩擦】在中国企業51%が「受注減」 人件費と環境規制、移転後押しも

【第3回】NNAは中国に生産拠点を置く日系の製造業119社(従業員100人以上)に対して、米中貿易摩擦の事業への影響に関するアンケートを実施した。米中摩擦が始まった2018年以降で、「売り上げや受注が減った」と答えた企業は51%に上った。現地では人件費の上昇や厳しくなる環…

関連国・地域: 中国ベトナム米国
関連業種: 自動車・二輪車電機食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(17日正午) 中国本土の感染者は7万人超に(02/18)

南部の白身魚、アジア出荷増 越産「万能ナマズ」の出世(上)(02/18)

1月の自動車輸入、前月比35%減の4281台(02/18)

中古車輸入の関税割当入札に関する通達(02/18)

フォード、「レンジャー」20年モデルを投入(02/18)

配車アプリ車の試験運用、3月末で終了(02/18)

空港の利用者、新型コロナで2割減(02/18)

ベトナム航空、中国人観光客の帰国便を運航(02/18)

コンドテルの建物所有権、最大50年に(02/18)

建設省、ビグラセラから出資引き揚げへ(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン