【米中摩擦】在中国企業51%が「受注減」 人件費と環境規制、移転後押しも

【第3回】NNAは中国に生産拠点を置く日系の製造業119社(従業員100人以上)に対して、米中貿易摩擦の事業への影響に関するアンケートを実施した。米中摩擦が始まった2018年以降で、「売り上げや受注が減った」と答えた企業は51%に上った。現地では人件費の上昇や厳しくなる環…

関連国・地域: 中国ベトナム米国
関連業種: 自動車・二輪車電機食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

越の「産地偽装」問題に警鐘 米制裁対象の可能性も、対策急ぐ(08/26)

川崎重工がバイクの販社設立(08/26)

豪州、G7へ初の特別参加 今後のG8形成も視野?(08/26)

自動車販売、国産車が減少も輸入車は増加(08/26)

ティエンミン航空、カイトエアの設立を計画(08/26)

CAAV、ベトラベル航空の設立を支持(08/26)

ECショッピー、2四半期連続で東南ア首位(08/26)

ロンタインを国際ハブ空港に=ズン計投相(08/26)

クアンニン省、ハロン市沿岸道路を着工(08/26)

韓越美容企業が提携、化粧品工場を設立へ(08/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン