海外直接投資が再び落ち込み 5月は前月比7割減の1.5億ドル

ミャンマー投資委員会(MIC)によると、2019年5月の海外直接投資(FDI)認可額は、ティラワ経済特区(SEZ)も含めた総額で1億5,181万米ドル(約163億円)となり、前月から73%減少した。ティラワSEZを除く認可額は、4月は18年度(18年10月~19年9月)に入って単月…

関連国・地域: 中国ミャンマーシンガポール日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

米が国軍司令官制裁、ロヒンギャ迫害巡り(16:50)

「1年後の景気上向く」7割 社長調査、透明性のなさに不満も(07/17)

仏蒸留酒大手ペルノ、ヨマ合弁に34%出資(07/17)

18年度輸出額、7月初旬までで8.5%増に(07/17)

18年度農産品輸出額、7月初旬まで11%増(07/17)

10~7月の縫製品CMP原料輸入額、20%増(07/17)

日新電機が越3割増産、装置部品で域内分担(07/17)

欧州企業5団体、紛争地のネット復旧を要請(07/17)

ダウェー、新たな電力供給会社の入札実施へ(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン