米が対日で農業先行要求、関税引き下げを

【ワシントン共同】米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は18日、対日貿易交渉に関し、農業分野を先行して取り組むことを要求した。離脱した環太平洋連携協定(TPP)発効で、競合国と比べて不利な現状を「受け入れられない」と主張。米農産品の競争力低下に危機感を示…

関連国・地域: 日本
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

豪ヴァージン、羽田―ケアンズ便を検討か(17:17)

【会員情報NOW!】「現場で顧客と一緒に課題解決」日立建機(21:35)

ヤンゴン駅開発で住商に打診 中国企業が連合脱落、再協議へ(09/19)

日米が車とコメで双方譲歩、来週首脳会談(09/19)

越の騒音・難聴問題に挑む リオン社長「国と新モデル構築」(09/19)

観光業界、値下げ相次ぐ 社会混乱で需要減、回復に時間(09/19)

日本を輸出優遇国から除外 事実上の対抗措置、対立深まる(09/19)

マツキヨが北中部で出店加速 台中に1号店、10年で100店舗へ(09/19)

HV・EVの新規登録が好調 前年超え確実、価格減と車種増で(09/19)

トヨタがテキサスの工場刷新へ、420億円投資(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン