米が対日で農業先行要求、関税引き下げを

【ワシントン共同】米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は18日、対日貿易交渉に関し、農業分野を先行して取り組むことを要求した。離脱した環太平洋連携協定(TPP)発効で、競合国と比べて不利な現状を「受け入れられない」と主張。米農産品の競争力低下に危機感を示…

関連国・地域: 日本
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

外国人入国制限、早期解除を 中国・シンガポールなどで要望強く(07/07)

【日韓対立】日韓は分業体制の維持を 輸出管理の厳格化から1年(中)(07/07)

マセラ鉱区からシェル撤退、コロナの影響で(07/07)

キュアテックス、日本酒のテストマーケ開始(07/07)

スマートドライブが現法設立(07/07)

東急「ザ・ビュー」サービスアパートを開始(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン