• 印刷する

印産ウイスキー、世界で1.7億ケース販売

2018年に世界で販売されたインド産ウイスキーの量が、前年比11%増の1億7,600万ケース(1ケース=9リットル単位)と、14年以降で最も多かった。ワインや蒸留酒の市場調査を行う英インターナショナル・ワイン・スピリッツ・リサーチ(IWSR)のデータで明らかになった。エコノミック・タイムズ(電子版)が18日に伝えた。

18年に最も売れたインド産ウイスキーは、蒸留酒を展開する地場アライド・ブレンダーズ・アンド・ディスティラーズ(ABD)のブランド「オフィサーズ・チョイス」で、前年比6%増の3,400万ケースだった。次いで英酒造大手ディアジオ傘下のユナイテッド・スピリッツ(USL)が製造する「マクドウェルズ No.1」が10%増で2,900万ケース、3位はフランスの酒造大手ペルノ・リカールのブランド「インペリアル・ブルー」で19%増の2,270万ケースと続いた。

エコノミック・タイムズによると、市場に出回るインド産ウイスキーブランドの約90%をABD、USLとペルノの3社が占める。

18年の世界規模での英国のスコッチウイスキーの販売量は前年比3%増の7,000万ケース、米国産ウイスキーは7%増の3,000万ケースだった。


関連国・地域: インド
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

輸出額1兆リンギ、パーム油など伸び達成へ(18:46)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

テイクオフ:バラナシで心に残ってい…(07/23)

JCBがデビットカード発行 8行で、海外決済の需要増に期待(07/23)

輸出拡大へ、工業連盟が有望な31品目を特定(07/23)

インフラ事業345件、3.3兆ルピーの費用超過(07/23)

印の特恵関税除外、米企業の税負担3億ドル(07/23)

米専門職ビザ、約7割をインド人が取得(07/23)

国営通信BSNL、7400億ルピーの再建案(07/23)

ティックトック、国内にデータセンター新設へ(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン