• 印刷する

ファーウェイ、独自OSの商標登録申請

中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)が、自社開発を進めている基本ソフト(OS)「華為鴻蒙」の商標登録をカンボジアで5月末に申請したことが明らかになった。プノンペン・ポスト(電子版)が17日に伝えた。

商業省知的財産局のデータベースによると、申請日は5月30日。オプ・ラディ知的財産局長によると、商標登録の完了には6~9カ月間かかる。

ファーウェイは先月、トランプ米政権によって米企業との取引から事実上締め出されたが、ロイター通信によれば、カンボジアの他、メキシコ、カナダ、韓国、ニュージーランドなど9カ国で一斉に華為鴻蒙の商標登録を申請した。

同社カンボジア法人の代表はプノンペン・ポストに対し、「まだ詳細は開示できないが、『鴻蒙』とアンドロイドのアプリは互換性がある」と答えた。また低価格、高品質、競合他社製品との互換性などが人気のファーウェイ製品にとって、カンボジアは東南アジアの中でも主要な市場の一つだと述べた。


関連国・地域: 中国韓国カンボジアニュージーランド米国カナダ中南米
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

コロナがCLMV貿易に影 対タイ、5月は輸出入とも2桁減(07/14)

サウジから帰国の15人、コロナ陽性(07/14)

中国開発銀、アクレダ銀に1.3億ドル融資(07/14)

正月の振り替え時期、来月17~21日に(07/14)

政府貯蓄から11億米ドル拠出、コロナ対策で(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン