近代小売の通年成長12%も、ラマダンが好調

インドネシア小売業者協会(Aprindo)は、近代小売業の今年の売上高成長率が前年比10~12%を達成できると予測している。今年は5月6日に始まったラマダン(イスラム教の断食月)やレバラン(断食明け大祭、5~6日)の長期休暇期間中の売り上げが好調だったため。13日付…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(01/24)

ブカラパック、動画配信フィディオと提携(01/24)

古河電工、洪水被災工場が操業を再開(01/24)

日野自、今年は14%成長目標 インフラ開発・資源価格好転で(01/24)

首都で新型肺炎騒ぎ、政府は否定(01/24)

最低賃金の新算出指標、オムニバス法で導入(01/24)

政策金利は5%、3カ月連続据え置き(01/24)

19年生保の最終損益、赤字が4倍に拡大(01/24)

EVの名義変更税を免除、首都が条例公布(01/24)

20年の自動車と部品輸出額、13%増を目標(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン