• 印刷する

《日系進出》イオンモール、江蘇省常熟に1号店

流通大手イオン傘下のイオンモールは11日、江蘇省常熟市でショッピングモール「永旺夢楽城常熟新区(イオンモール常熟新区)」を今夏にオープンすると発表した。常熟市にイオンモールを出店するのは初めて。

イオンモール常熟新区は、常熟市中心部から南に約6キロメートルの位置にある常熟高新技術産業開発区に位置する。建物は地上3階、地下1階建てで、敷地面積は約12万6,000平方メートル、延べ床面積は約18万1,000平方メートル。モール内には、エリア最大級となる約5,000平方メートルに、子ども服売り場や子ども向け娯楽施設が入居するほか、専門店約180店舗やシネマコンプレックス、総合スーパーの「イオン」が出店する。従業員数は全体で約2,500人、うちイオンでは300人を見込む。

モール内では館内を巡回する人工知能(AI)搭載ロボットがプロモーションやサービス案内を行うほか、バーチャルに試着ができるデジタルサイネージ(電子看板)、顔認証で利用可能なロッカーを設けるなど、デジタルを活用した取り組みが特徴となっている。外食店では、日本のお好み焼き専門店「千房」がエリア初出店するほか、上海市の人気海鮮ビュッフェ「五月羅馬」が江蘇で初めて出店する。

イオンモールは、2008年に中国に進出して以来、北京市、天津市、山東省、江蘇省、浙江省、湖北省、広東省を中心に集中的に出店を進めており、イオンモール常熟新区は中国では20店舗目となる。


関連国・地域: 中国-江蘇日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りサービスメディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(27日正午)(20:37)

商船三井と大宇造船、ICT船舶管理で協力(19:24)

新型肺炎の死者2744人、感染者7万8497人(20:12)

NZ1月貿易赤字1億$、中国輸出は大幅増(17:23)

【ダイヤモンド・オンライン】アップル新型肺炎で苦境、「最強調達戦略」はここまで中国に依存していた(15:01)

(表)世界の新型肺炎感染者数(26日正午) 山東省で日本からの訪問者隔離措置(02/27)

中国との国境貿易が半減 新型肺炎、正常化めど立たず(02/27)

バンビエンの観光客が減少、新型肺炎で(02/27)

海外からの入国者隔離の動き 山東省各地で、日韓など対象(02/27)

【肖像】台湾初の無人縫製工場 意創坊国際の陳志軒董事長(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン